AGA治療が受けられるクリニックで治療しよう|自慢の髪を取り戻す

男性ホルモンが要因

2人のドクター

副作用が起こる場合もある

男性脱毛症の治療を行うのがAGA治療です。男性脱毛の要因は男性ホルモンが大きく影響しており、男性ホルモンの働きが活発になると抜け毛を促進させることから、この働きを抑制させるのがAGA治療の方針です。AGA治療に用いる薬の中には、妊娠中の女性が利用すると子供の発育に影響をおよぼす可能性がある薬もあります。利用する際には、妊婦などが誤って利用しないように注意を呼びかけておくことが大切です。また、薬は常に副作用を起こす可能性があるのが一般的なので、医師と相談しながら適量と用法を守って服用することが大切なのです。自己判断で服用量を変えたり、服用回数を増やさないようにしましょう。信頼できる医師にAGA治療を依頼するためには、治療をスタートする前の病院選びが重要です。発毛実績のある病院やクリニックを選択できるように、情報を多方面から集めましょう。

心身の健康も維持が必用

AGA治療は薬の服用だけでは解決できません。もちろん放置しても抜け毛は止まりません。しかし抜け毛の進行を抑えることは生活習慣の見直しで可能なのです。抜け毛を促進させる要因に加齢やストレス、食事、喫煙などが大きく関わっています。頭髪のみならず心身も健康でなければ抜け毛進行を抑えることはできないのです。そのため体に害する健康を阻害する行為はできる限り排除することで体とともに毛髪の健康も維持することができるのです。また睡眠時間も毛髪の健康に影響を与えます。睡眠時間をしっかりととることで抜け毛の進行を抑えることができるのです。AGA治療を行うということは薬の服用だけでなく、心身の健康状態を管理するトータルケアが大事なのです。